ニキビ 潰す

ニキビを潰すのはダメ?それとも良い?一体どっちの対処法が正しいの??

頬・顎・口周りにできやすい大人ニキビ。気になってついつい触ってしまい、潰したい衝動に駆られる事もあるでしょう。しかしニキビを潰すのは良くないと聞きますよね。

 

その反面、皮膚科でニキビを潰して治療したという話もあります。一体どっちが正しいのでしょうか?ニキビは潰した方が良いのか・潰さない方が良いのかを、今回はご紹介していきます。

 

正しいケアを行う為にも、ぜひ最後までご覧下さいね!

 

ニキビにも種類・段階がある!潰しても良いニキビって一体何?

 

*ニキビの初期段階である白ニキビの場合*

 

ニキビの中でも初期段階の白ニキビ。これは古い角質等によって毛穴が詰まっている状態が白く見えているものを指します。痛みもなく、腫れも少ない状態の白ニキビは、潰しても問題ありません。

 

*酸化を起こして黒く見える「黒ニキビ」の場合*

 

黒ニキビは白ニキビが悪化して生じるものです。毛穴が開いてしまった事で、皮脂が酸化して黒く見えるのです。この黒ニキビを潰すと肌に負担をかけてしまいますので、やめておきましょう。

 

*アクネ菌が繁殖した「赤ニキビ」の場合*

 

大人ニキビが悪化すると赤く炎症を起こして腫れてしまいます。これを赤ニキビと言います。赤ニキビは場合によって痛みを伴う事もあり、ニキビの中では比較的重症です。

 

赤ニキビにまで発展するという事は、アクネ菌がかなり増殖しているという事です。この状態をさらに悪化させない為にも、赤ニキビは触らないように注意しましょう。もちろん潰すのもNGです。

 

*炎症が悪化し化膿している「黄ニキビ」の場合*

 

赤ニキビがさらに悪化すると、最も酷い状態の黄ニキビとなります。これは化膿を起こしている為、薄っすら黄色っぽく見えるのが特徴的です。非常に潰したくなるような見た目をしていますが、無理に潰すと改善が困難なニキビ跡ができてしまう可能性が高いです。

 

よって黄ニキビも潰さないように注意しましょう!

 

ニキビができてしまった時の対処法とは!?

 

ニキビができてしまった場合、白ニキビなら潰してしまっても構いません。しかし黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビの場合は、触らずに完治を待つ事がベストです。又、炎症や痛みが酷い場合は、皮膚科を受診する事をオススメします。

 

自己判断でニキビを処理してしまうと、消すのが困難なニキビ跡を生み出してしまう危険性があります。綺麗な肌を目指すなら、ニキビができた時は適切な処置を行いましょう。そしてニキビができにくい肌をつくる事も忘れてはいけません。

 

ニキビをつくらない・悪化させない生活習慣を下記に記載しますので、ご参考にして下さい。

 

ニキビができにくい生活習慣や食生活とは!?

 

*十分な睡眠をとる*

 

私たちの睡眠中にはターンオーバーが行われています。しかし睡眠不足になるとターンオーバーが正常に行われず、ニキビができやすい肌へと変化してしまうのです。6~8時間の十分な睡眠・質の良い睡眠をとれるように心掛けましょう。

 

*適度な運動*

 

適度な運動を行うと血行が促され、ターンオーバーを正常化する効果を期待できます。ジョギングやウォーキング等の軽い運動で構いませんので、体を動かす習慣をつけましょう。どうしても運動する時間がとれないという場合は、5分程のストレッチでも効果的ですよ。

 

*バランスのとれた食事*

 

「これを食べたらニキビができにくくなる!」とった便利な食材はありません。大切なのはバランスの良い食事を摂取する事です。肉類・魚介類・野菜・果物・海藻類・豆類・乳製品等をバランス良く取り入れ、様々な栄養を摂取しましょう。

 

正しくニキビケアを行い気になる肌の悩みから解放されましょう!

 

今回は潰しても良いニキビ・潰さない方が良いニキビについてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?白ニキビは潰す事を推奨している医師もいらっしゃいますが、その他の黒・赤・黄ニキビは潰さないように注意しましょう。

 

又、ニキビができてしまった際は自己判断で処理するのではなく、医師の指示に従う事がオススメです。ニキビ跡をつくらない為にも、医師による治療・医師から処方された薬で改善していきましょうね。

 

そして大人ニキビは生活習慣の悪化や偏った食生活等が原因で生じます。大人ニキビは根本的な原因を改善しない限り再発しますので、今一度あなたの生活を見直してみて下さい。ニキビ対策をしっかり行い、綺麗な肌を目指しましょうね!