ニキビ サリチル酸

ニキビケアにサリチル酸は有効?その効果や副作用を教えて!!

あなたは「サリチル酸」という成分をご存知ですか?これは医薬品としても使用される合成有機化合物の一種で、高い殺菌作用・抗炎症作用を持った成分です。又、角質を溶解・軟化する作用も持ち合わせており、ピーリングにも用いられているのです。

 

そんなサリチル酸がニキビケアにも有効と言われているのですが、果たして本当なのでしょうか?今回はサリチル酸の効果や副作用についてご紹介していきます。正しくニキビケアを行う為に、ぜひ最後までご覧下さいね!

 

サリチル酸がニキビケアに有効な理由とは!?

 

*殺菌効果*

 

冒頭でも記載しましたが、サリチル酸には強い殺菌作用があります。そしてニキビの原因となるのはアクネ菌という細菌です。よってサリチル酸の殺菌作用によりアクネ菌の増殖を抑える事ができれば、ニキビ予防・改善の効果が期待できるのです。

 

*消炎作用*

 

サリチル酸はもともと消炎剤として使用されてきましたので、炎症を起こしたニキビにも効果を発揮します。その為、毛穴の周りが赤く腫れてしまったニキビ・炎症が進んで膿を持ったニキビにも有効とされています。

 

*角質除去*

 

ニキビは皮脂がスムーズに排出されない・毛穴周りの角質が厚くなる等の理由で毛穴が詰まり、その後ニキビに発展します。サリチル酸には角質を溶解・軟化させる効果がありますので、毛穴を正常な状態に保ちニキビを防ぐ効果が得られます。

 

又、古い角質が除去される事で肌のターンオーバーが正常化し、ニキビやニキビ跡の改善にも繋がります。さらに角質が取れると肌が柔らかくなりますので、化粧水等に含まれる有効成分が肌の奥まで浸透しやすくなるのです。

 

これらがサリチル酸の効果です。ニキビ改善に相応しい作用がたくさんありますが、サリチル酸の使用には注意が必要です。下記で副作用についてご紹介していきますので、サリチル酸の使用を考えている方は最後までご覧下さいね!

 

サリチル酸は危険?副作用があるって本当??

 

サリチル酸には殺菌・消炎・角質除去等の効果がありますので、様々なニキビケア化粧品の主成分として用いられています。きちんとした企業が販売している化粧品は、私たちが安心して使用できるよう多くのテストを行って商品化しています。

 

しかし人によって肌質は違いますので、サリチル酸を使用する事で副作用を起こしてしまう場合もあります。副作用には肌が赤くなる・ヒリヒリする・かゆくなる・乾燥する等のトラブルが挙げられます。

 

よってサリチル酸を使用する際はパッチテストを行ってから使用を開始しましょう。又、炎症が酷いニキビの場合はサリチル酸で改善するのではなく、皮膚科を受診する事をオススメします。ニキビ跡を残さない為にも、正しい対処法で改善していきましょう。

 

そしてサリチル酸でピーリングを行う場合も、自宅で行うのではなく皮膚科や美容皮膚科で施術する事がオススメです。ピーリング特有のピリピリとした痛みがなく、施術も月1回程ですので継続して通う事ができるでしょう。

 

ニキビを綺麗に改善したいのなら、サリチル酸の使用は専門家の元で行う事がベストです。この点を覚えておいて下さいね。

 

正しくニキビケアを行って美しい肌を取り戻しましょう!

 

今回はサリチル酸の効果や副作用についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?サリチル酸には殺菌・消炎作用や角質を除去する効果がありますので、ニキビ改善に相応しい成分と言えます。しかし効果が高い故に、肌へのダメージも大きいです。

 

又、肌が赤くなる・ピリピリする・かゆみがある・乾燥が酷い等の肌トラブルが生じる可能性も高いです。ニキビケア化粧品でこれらの症状が表れた場合は、すぐに使用をやめて病院を受診して下さいね。

 

正しくサリチル酸を取り入れて、ニキビを予防・改善していきましょうね!